歴史は社会科学の実験室 集めたデータを格差の是正に役立てたい

(写真=加藤 康)
(写真=加藤 康)

 歴史は社会科学の「実験室」である。こう考えて、日本政治外交史を学んできました。「目の前の問題」というレンズを通して、過去を見つめ直すことで、有用なデータ(知見)を獲得できるのです。

 100年前、スペイン風邪が世界にまん延しました。これに人々がどう対処したのかを学べば、新型コロナウイルス感染拡大を収束させるヒントが得られる。1世紀前と大きな違いはありません。当時もマスクや病院の診察券を無料で配ったりしていました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1083文字 / 全文1329文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。