時代を変えるのは若者 未来を担う次世代に エールを送りたい

(写真=安部 まゆみ)
(写真=安部 まゆみ)

 「メキシコで子供たちに大人気のキッザニアを、日本で運営しないか?」

 米国の友人から持ち掛けられたのは2004年、前職を60歳でリタイアした翌年のことでした。子供たちがさまざまな職業を体験しながら生きる力を育てる、教育と娯楽の要素を備えたエデュテインメント施設だ、と説明されてもイメージが湧きません。興味を持った私は「じゃあ、来月、行くよ」と答え、7歳と4歳の孫を連れてメキシコに飛びました。

 孫たちは言葉の壁を越えて、色々な仕事に挑戦しました。「楽しかった?」と聞くと、「真剣になれるから面白い」と言うのです。楽しみながら学べるこの施設を日本に展開する意味は大きいと確信しました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1015文字 / 全文1342文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。