人脈の重要性を与党で痛感 透明性に欠ける安倍政権 おきゅうを据える準備を

(写真=都築 雅人)

 参院議員に初当選したのは1992年。当時はリクルート事件など「政治とカネ」にまつわる問題が噴出し、有権者から強い反発を招いていました。

 永田町に足を踏み入れた私はある自民党議員の言葉に衝撃を受けました。「うちの親分は今、刑務所の塀の上を歩いているようなものだ。こんなことはもう続けられない」。自民党の派閥領袖は、子分を養い権力を握るため莫大な政治資金を集めていました。金権政治からの脱却は待ったなしでした。

 政治が信頼を取り戻し緊張感を保つには、「万年与党」と「万年野党」の構図を変え、政権交代可能な状況をつくらなければならない。そう確信した私は政治・行政改革や自民党に代わる受け皿作りに力を注ぎました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り984文字 / 全文1331文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。