今の仕事には意味がある つまらなく感じても 必ず突破口が待っている

(写真=陶山 勉)

 経済のど真ん中で自らが主体的に関わる仕事がしたい。そう考えて日本興業銀行(現みずほ銀行)に入りました。それから40年以上、バンカーとして働いていた経験から言えるのは、どんな仕事でも、たとえそれが自分が希望したものではなくても、「与えられた仕事にまい進すれば努力は必ず報われる」ということです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1254文字 / 全文1442文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。