今、起きていることは 自分に必要なことだから 壁は乗り越えられる

(写真=北山 宏一)

 今期からJリーグの「J3」で戦うことになりました。2014年に愛媛県今治市にあるFC今治のオーナーとなり、地域リーグからスタートしたJリーグへの挑戦。J3昇格は当初想定していた時期から1年遅れではありますが、この1年は必要な1年だったと思っています。

 最終節で昇格を果たせなかった18年11月。もともと運営会社の社長がグラウンドに出て挨拶をする予定でしたが、罵声を浴びるんじゃないかと思い、私がグラウンドに立ちました。「約束を果たせず、本当に申し訳ございませんでした」。そう言って頭を下げたのですが、罵声なんて飛んでこなかった。むしろ、昇格できなかったことで、サポーターの方々もスポンサーの方々もみんなが「来年こそ昇格するぞ」と気持ちが1つになった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り983文字 / 全文1347文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。