人間の能力は平等じゃない 嫉妬心をエネルギーにして前に行こう、挑戦しよう

(写真=大槻 純一)
(写真=大槻 純一)

 字面のせいか「有機化学」って、今のあなたみたいに「よく分からない」という顔をされがちです。おおざっぱに言えば「生物由来の物質を扱う」サイエンスです。食べ物はほとんど有機化合物ですね。

 身近なだけでなく役に立ちます。マルサスの「人口論」はご存じですよね。18世紀末、食糧生産の限界から人口の増加は不可能と論じた。あれをこっぱみじんにしたのが有機化学です。化学肥料の発見や空中窒素固定法の発明で、農産物の収量が激増したのです。

 私がやった研究ですか?「ダニシェフスキー-北原・ジエン」という、現在でも物質の合成で使われている試薬や、ピレスロイドという、殺虫剤の有効成分の開発などをやりました。……あ、やっぱり化学は難しそうだ、という顔をしてますね(笑)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り982文字 / 全文1350文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。