全1350文字

人間の能力は平等じゃない 嫉妬心をエネルギーにして前に行こう、挑戦しよう

(写真=大槻 純一)

 字面のせいか「有機化学」って、今のあなたみたいに「よく分からない」という顔をされがちです。おおざっぱに言えば「生物由来の物質を扱う」サイエンスです。食べ物はほとんど有機化合物ですね。

 身近なだけでなく役に立ちます。マルサスの「人口論」はご存じですよね。18世紀末、食糧生産の限界から人口の増加は不可能と論じた。あれをこっぱみじんにしたのが有機化学です。化学肥料の発見や空中窒素固定法の発明で、農産物の収量が激増したのです。

 私がやった研究ですか?「ダニシェフスキー-北原・ジエン」という、現在でも物質の合成で使われている試薬や、ピレスロイドという、殺虫剤の有効成分の開発などをやりました。……あ、やっぱり化学は難しそうだ、という顔をしてますね(笑)。