背中を押された時は素直に押されてみる 自信はなくとも道は開ける

(写真=菅野 勝男)

 小学生の時、先生から「お兄さんほどできないね」と言われたことがあります。母は「2人は全然違う人格。そうしたことは言わないでいただきたい」と先生に抗議してくれたのですが、確かに学習意欲が兄ほどでなく、要領も良くはない。「私はできない子、できなくてもいいんだ」と納得したのを覚えています。そのくらい自信のない子供だった私が、人生で様々なキャリアを積めたのは、多くの人に背中を押され続けたのが大きいと思います。

 米スタンフォード大学の学生だった夫、グレン・S・フクシマ(元米国通商代表補代理、元在日米国商工会議所会頭)と日米学生会議で出会ったのが1970年、清泉女子大学3年生の時です。大学卒業と同時に23歳で結婚し、夫は大学院に進学予定でした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1006文字 / 全文1366文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。