全1317文字

日本型雇用は岩盤規制だ 「男性稼ぎ主モデル」では 日本企業は沈没する

(写真=的野 弘路)

 はっきりと書いてください。「日本型雇用は岩盤規制だ」って。何で女性が企業の中で活躍できないのかというと、基本的に日本型雇用には組織的、構造的に女性を排除する効果があるからです。これを「間接差別」と言います。「女性を排除する」とは直接的にはどこにも書かれていないので。

 あるシステムが、男性もしくは女性のいずれかの集団に著しく有利、もしくは不利に働くとき、それを「性差別」と言います。日本型雇用は「男性稼ぎ主モデル」。夫が一家の大黒柱となり、妻が家事と育児を一手に引き受けることが前提で、今日に至るまで結局、何も変わりませんでした。

 そんな企業社会に男性と同じ条件で女性に「入って来い」と言ってもムリです。男女雇用機会均等法や女性活躍推進法ができましたが、実効性のある罰則規定がありません。冗談みたいな法律ですよ。

 男性稼ぎ主モデルは高度成長期のモデルです。それを日本は今でも惰性のように続けています。多くの研究によって、これがダイバーシティー(多様性)を阻む癌(がん)であることは、ほぼ答えとして出ています。

 しかも、ダイバーシティーを推進すると企業はもうかるということも結論が出ています。それなのになぜ、男性稼ぎ主モデルから抜け出せないのでしょうか。