AI時代に重要なのは知識を覚えることより自分で考え失敗すること

(写真=栗原 克己)
(写真=栗原 克己)

 私が『思考の整理学』を書いてから36年になります。ずいぶん時間がたちましたが、東京大学や京都大学の生協で書籍販売ランキングが毎年上位となるなど、ロングセラーとして読み続けられています。私が書いたのは、すべて自分で考えてきたことです。人のまねをしていないから、ずっと読まれているのだと思います。

 そして、この本で私が伝えたかったのはまさに自分の頭で考える大切さです。学校での教育は、これまで主に知識を身につけることだとされてきました。その一方で、学校では考えることについてあまり教えてきませんでした。結果として、小学校から大学まで学び続けても、多くの人は「考えたことがほとんどない」のです。

 身につけた知識は、もちろんさまざまな点で参考にはなります。だからといって、いつまでも覚えておく必要はありません。むしろどんどん忘れていいと私は考えています。忘れることが心配ならば、記録して必要に応じて見直せばいいのです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り858文字 / 全文1303文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。