現場訪問も「数は力」全体感が見えてくる 見られることで人は頑張る

(写真=陶山 勉)
(写真=陶山 勉)

 通産省(現経済産業省)の職員として、大学の研究者として、これまで延べ3915社の中小企業の現場を訪問しました。この雑誌が出る頃にはもう少し増えていることでしょう。通産省の頃は年間250社、その後も100社くらいのペースで足を運んでいます。

 現場に行くのは、やはり知恵の源泉みたいなものがあるからです。今でも工場に行くと「へえ、自分はそんなことも知らなかったんだ」ということが山ほどありますよ。

 現場訪問を始めたのは1987年6月でした。通産省で鋳鍛造品を担当する課長に就いたのがきっかけです。鋳物とか金型とかプレス加工とか、そういった業種が対象で、ほぼみんな中小企業です。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り989文字 / 全文1318文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。