全1308文字

現状を変えようと考える そうすれば誰からでもイノベーションは生まれる

(写真=北山 宏一)

 私は2000年代に8年間、上場企業同士のM&A(合併・買収)に伴う組織統合マネジメントのお手伝いをしてきました。PMI(ポスト・マージャー・インテグレーション)、買収前後の統合作業ですね。当時は統合を成功させるポイントはコストカットと思われていて、いかに組織や人事を融合するか、という発想は乏しかった。投資家が短期的な業績で評価する傾向が強かった時代ですから、無理もありません。

 そこに、いかに企業文化を融合し、より良い組織を作るかという仕事をしていました。統合して効率化することは間違いではありません。でも、コストを減らし、人を減らしていくだけでは売り上げは伸びない。利益は増えても、トップラインが伸びないと、いずれ疲弊します。