HOYAとの合併を巡り解任された元ペンタックス社長の浦野文男氏。信条のチャレンジ精神が裏目に出た格好だが、当時の決断に悔いはないという。そんな浦野氏が「誰もが挑戦しやすい会社の作り方」を語る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1309文字 / 全文1319文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。