保存料を使わず、賞味期間が最大90日という日持ちするパンが注目されている。食品ロス削減や災害時などの備蓄食料として活躍し、パン業界で異彩を放つ。

(写真=上野 英和)
(写真=上野 英和)

 保存料なしで賞味期間が35~90日──。ロングライフパンと呼ばれる賞味期間が長いパンは、非常時の備蓄食料や食品ロス削減、ステイホームの観点から注目が高まっている。

 コモは1984年に愛知県で設立して以来、ロングライフパンを専門に作り続けているパンメーカーだ。生活協同組合連合会(生協)での販売が約4割、職域や学校、駅などにある自動販売機が約2割を占める。コンビニやスーパーにも販路を広げ、着実に売り上げを伸ばしている。

 ロングライフパンの秘密は、パン生地に使うパネトーネ種。創業者の一人がイタリアのパンメーカーでパネトーネ種に出合い、乳酸菌を含み、健康によく日持ちもするという特性に感動し、日本に広めることを決意した。

 特徴の一つは製造時間が長いことだ。パンの発酵時間は通常約1時間だが、パネトーネ種を使うと約10時間かかる。仕込み時間も含めると、完成までに3日かかる。

 一方で、このパンには防カビ・防腐効果がある。一般的なパンの水分含有量は35~38%だが、コモのパンは20%と非常に低い。そのため微生物が発生しにくい。また、通常水分が少ないとパサパサした食感になるが、コモは生地を幾層にも折り重ね、無数の薄い膜が保水性に優れているため、生地の柔らかさを保っている。

自社の棚を持ち込んで販売

 「商品には自信があったが、売り場を確保するには苦労した」。そう語るのは3代目社長の木下克己氏だ。もともと銀行員だった木下氏は経理として出向してきたが、後に転職を決めた。

高まる認知度
<span class="fontSizeL">高まる認知度</span>
ステイホームや食品ロスへの意識、災害支援などが追い風に。「大手メーカーに負けない味で勝負する」と語る木下克己社長(写真=上野 英和)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1467文字 / 全文2182文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ゲームチェンジャー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。