現役の眼科医3人が立ち上げたスタートアップが、世界の失明をなくすという大きな課題に挑んでいる。スマートフォンに装着して持ち運べる診断用カメラは、医療過疎地での眼科診断を大きく変える。

スマホに装着するだけで眼科診断が可能に
<span class="fontSizeL">スマホに装着するだけで眼科診断が可能に</span>
清水映輔代表取締役(左)と中山慎太郎海外戦略部長(右)。白内障などによる失明ゼロの社会を目指して奔走している(写真=古立 康三)

 スマートフォンが、医療機器に早変わり──。「iPhone」のカメラに装着するだけで、目の診断ができる「スマートアイカメラ」が、日本を含む世界15カ国の医療機関などに広がっている。

 開発したのは、慶応義塾大学医学部発スタートアップのOUI Inc.(ウイインク、東京・新宿)。スマホの光源を、眼科診断に適したスリット状の光に変換し、目を拡大して撮影できる。

 白衣のポケットに収まり、簡単に持ち運べるこの小型デバイスは、世界の医療を変えるかもしれない。

ベトナムの現場で着想

(写真=古立 康三)
(写真=古立 康三)

 世界最貧国の一つとして知られる、アフリカ南東部のマラウイ。人口約1800万人に対し、眼科医はわずか14人というこの国でも、スマートアイカメラが重宝されている。

 現地に赴いたウイインク海外戦略部の中山慎太郎部長は、こう証言する。

 「マラウイは、電力需給が逼迫していて、僕が行った診療所は1日中停電していた。そんな非常時でも、スマホの電池で動くスマートアイカメラを使えば、問題なく診断できた」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1767文字 / 全文2308文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ゲームチェンジャー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。