父親の介護から生まれた思い

 発端は2016年。パナソニックの家電部門が立ち上げた新規事業創出プロジェクト「ゲームチェンジャー・カタパルト」の募集だ。ギフモの共同創業者である小川恵氏は当時、父親が嚥下障害になり、普段の食事が食べられなくなった。その時初めて分かったのは、流動食を作るにはとても時間がかかること。また市販の介護食は1食1000円を超えることもあり、費用を負担するのは難しい。そうした状況を打破したいと考え、同僚で、後に共同創業者となる水野時枝氏と共に、デリソフターを企画した。

 地道に勉強を重ねた2人の案はコンテストを勝ち抜き、採択された。17年に米国で開かれたテクノロジーと音楽・映画の祭典「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)」の出展でも「素晴らしいコンセプト」と注目を集めた。

 だが事業化には人が足りない。アイデアを何とか形にするため、2人は同年、有志のサークルを立ち上げた。その活動を知った森實氏は「一緒にやりたい」と直談判し、「絶対に世に出すべきだ」と、サークルのリーダーになった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1174文字 / 全文2238文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ゲームチェンジャー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。