嚥下障害などの人たちが普通に近い見た目の食べ物を楽しめる、新たな調理家電を開発。「介護現場の食の課題を解決したい」と強い思いを持ち続けた有志たちが事業化を実現した。

パナソニックで集まった有志が熱意で共同創業
デリカッター(写真右下)などを使い食材をやわらかくする。森實将社長、水野時枝氏(下・左)、小川恵氏(同右)らの熱意が実った(写真=山本 尚侍)
(写真=山本 尚侍)

 「家族と同じものを食べさせてあげたい」──。口の中のものをうまく飲み込めない、嚥下(えんげ)障害などで悩む人にこんな形で寄り添うのが、家電スタートアップのギフモ(京都市)だ。

 いつもの手料理や市販の総菜、冷凍食品などを入れるだけで、料理を見た目や味を変えずやわらかくできる調理家電「DeliSofter(デリソフター)」を開発した。72刃の刃通しをする「デリカッター」で食材の繊維を分断し、一般的な電気圧力鍋よりも高い圧力で蒸気加熱をかけることで、短時間で食材をやわらかくする。

(写真=山本 尚侍)

 食べることに問題を抱えている場合、家族が食材をペースト状など流動食に加工して食べてもらうことが多い。しかし、デリソフターの調理なら食材を目でも楽しめ、家族の負担も減る。例えば肉料理なら30分程度で歯茎でつぶせるやわらかさになる。

 既に累計500台以上を販売した同製品は、介護現場の食の概念を大きく変える可能性を秘める。「食べたいものを食べられることは人間の尊厳につながる」。森實将社長はこう話す。

 実はギフモは、パナソニックの新事業創出活動を源流に生まれた会社だ。大企業で実現できなかったアイデアを、強い思いを持つメンバーたちが集まって事業化にこぎ着けた。

続きを読む 2/3 父親の介護から生まれた思い

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1174文字 / 全文2238文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ゲームチェンジャー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。