インターネット広告の効果測定サービスを2004年に開始。業界の先駆者として市場をリードし続けた。コロナ禍すら追い風に、マーケティングテクノロジーの総合企業を目指し事業の拡大を推し進める。

業界で圧倒的シェア
市場の6割以上を占有。コロナ禍でEC事業者などから広告効果測定の需要が高まっており、追い風が吹いている(写真=山本 尚侍)

 コロナ禍にあっても市場規模が拡大しているものの1つがインターネット広告。電通が発表した「2020年 日本の広告費」によれば、インターネット広告費の市場規模は2兆2290億円で、テレビや新聞などマスコミ4媒体の広告費2兆2536億円に肉薄する勢いで成長している。

 今でこそ重要視される存在だが、市場がはるかに小さかった2000年代前半に将来性を見抜き、広告効果の測定という分野でトップシェアを勝ち取った先駆者がイルグルムだ。バナー広告やメールマガジン、あるいはスマートフォンなどのアプリ経由の流入データから、アクセス件数や滞在時間など、顧客との接点情報を収集・分析できるサービス「アドエビス」を提供している。コロナ禍でもニーズは衰えることはなく、売り上げを伸ばし続けている。

コロナ禍でもニーズは根強い
●イルグルムの売上高の推移

 顧客がどんな経路から購買行動に至ったのか、どういった媒体に掲示した広告が売り上げにインパクトを与えたのか……。広告の効果測定から、その情報をどう生かすのかまでワンストップで分析できるのが強み。提供開始から17年で累計導入社数は1万社を超え、現在も常に1000社以上が利用している。当初から安定した売り上げの見込めるサブスクリプション方式で始め、顧客平均単価は月額約14万円。業界シェアは圧倒的トップの66%だ。

飲食店経営で味わった挫折

 「事業を成功させるには、『競争が不要』といえるほどの市場寡占が必要」。イルグルムの岩田進社長が業界トップにこだわる背景には、学生時代に味わった挫折がある。

 岩田社長が起業を意識し始めたのは大学1年の頃だ。大学の勉強もサークル活動も性に合わず、入学1カ月足らずで早くも休学。「自分探しの旅がしたい」と東南アジアや米国へ旅立った。だが、ニューヨークで人種差別を受けたり、スラム街のホテルで孤独な日々を過ごしたりする中、「このままでは自分は誰にも感謝、歓迎されないまま死ぬ。国際的にビジネスで成功し、世界のどこに行っても歓迎される経営者になりたい」と起業を志した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1325文字 / 全文2264文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ゲームチェンジャー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。