大阪・堺で110年続く晒工場が、常識とは真逆の、「白くない」エコな漂白を開発した。自社ブランドの製品開発にも乗り出し、和晒を後世に伝えていく。

自然な風合いが人気
製造工程の環境負荷を考慮した自然な風合いの晒し製品は、キッチンなどでも安心して使えると評判。ベビー服の素材としても人気だ(写真=水野 浩志)
(写真=水野 浩志)

 木綿や麻の布地を生産するための一工程である「晒し(さらし)」。糸や生地の不純物を取り除き、染色しやすいように白く漂白するのが晒しの役割だ。

 織られたばかりの生地には、綿糸に元から付着している油分や、織物を織る工程で糸が切れないようにつけられたのりなど不純物が付いている。このままでは水をはじいて吸水しないため、薬剤に漬け込んで不純物を取り除く。

 1911年に創業した大阪府堺市の武田晒工場は、古くから晒しを請け負ってきた町工場だ。従来は生産の一工程を担う存在だったが、自ら製品開発、販売に乗り出し、成長を遂げている。きっかけは2007年に開発した「Eco晒」。晒しの工程で使用する薬剤や水の量をできる限り減らし、環境に優しい製法を編み出した。業界では、白さを追求する漂白が当たり前。そんな中、あえて白さを求めない道を選んだ。

 武田清孝社長が家業に携わるようになったのは1989年のこと。3代目だった父親が体調を崩したため、急きょ実家に戻ることになったのだ。もともと、シャープで電子回路設計のエンジニアをしていた武田社長。次男の自分が跡を継ぐことはないと思っていたため、晒しの知識はゼロだった。工場には職人気質のベテランも多く、当時35歳の武田社長が一番の若手。毎日現場に顔を出し、作業を一から学んでいった。

発想の転換で白くない晒しを

 まず驚いたのが、すべてが手作業のアナログな現場だ。手元の時計で時間を見ながら、目分量で水や薬剤を入れていた。それぞれの職人の勘やコツに頼っていたため、晒しの仕上がりにもムラができていた。品質に対する意識も薄く、要求しても「これしかできひん」と突き返されることもあった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1492文字 / 全文2277文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ゲームチェンジャー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。