新型コロナウイルス禍で、多くの催しが中止となり、経営にダメージを受けた。エアー注入式遊具の技術を医療設備に転用、てこ入れを図り、危機を克服した。

学生時代に起業
学生時代に起業
大学院在籍時、4坪の店で小物販売を始め、卒業後ワン・ステップ設立。「できることはすべてやれ、やるなら最善尽くせ」がモットー

 「このままでは、1年後に債務超過だ」

 新型コロナウイルス感染が広がる2020年4月、エアー注入式大型遊具のレンタル業「ワン・ステップ」(宮崎市)は売り上げが7割も減少。山元洋幸社長が危機感を募らせていた。書き入れ時の5月の大型連休の催しも軒並み中止となり、売り上げは一時9割減に。

 だが、お先真っ暗ともいえる状況の中、山元社長は前向きだった。年間売上高を前年比の50%に戻せば、会社は2年は存続可能と分かったからだ。

 「2年の猶予があれば立て直せる。現状の7割減から、5割減にまで挽回する」。発想をプラスに転換した。目をつけたのが、新型コロナ対策のエアー注入式医療設備の開発だ。エアー遊具で培った、空気で膨らませる技術が応用できる。その結果、20年度は医療分野の売り上げを全体の約2割に高め、苦境から何とか脱することができた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1837文字 / 全文2283文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ゲームチェンジャー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。