信用実績がなく自動車ローンなどの審査が下りない社会的弱者は世界に17億人いるといわれる。こうした層に金融とモビリティを組み合わせたサービスを提供し、経済的な自立を促す。

社会課題を解決
<span class="fontSizeL">社会課題を解決</span>
信用実績の少ない人にモビリティサービスを東南アジアや日本で開始。デンソーやソフトバンクなどが出資する

 フィリピンの首都マニラ近郊にあるナボタス市。この街で移動に欠かせないのが、トライシクルと呼ばれる三輪タクシーだ。トライシクルといえば後輪の間から黒い排気ガスをもうもうと吐き出すタイプが一般的。だが同市では排気ガスの発生が少ない新型のトライシクルが走り始めた。

 フィリピンでは大気汚染など環境対策の観点から、旧型のトライシクルから新型に移行する動きが活発になっている。ただ、買い替えようにもトライシクルは1台約30万円。フィリピンの平均月給の約6カ月分に当たる金額だ。一方、運転手は9割が貧困層で、自動車ローンの審査が通らなかったり、お金が借りられなかったりする社会的弱者だ。そのため、なかなか新しいモデルのトライシクル購入が進まなかった。

 貧困も環境問題も解決できないか。そんな社会課題の解決を目指すのが、グローバルモビリティサービス(GMS)が提供する金融とモビリティを組み合わせたサービスだ。「頑張る人をすくい上げる。そんな金融包摂型の企業を目指す」と中島徳至社長は話す。

17億人のニーズに応える

 GMSは遠隔で制御できる電子機器を車の内部に装着し、ファイナンス企業が1カ月ごとにローンやリース料金を運転手から集める。運転手はGMSの機器を利用することを条件に、新車を利用できる。もしローンの返済が滞った場合には電子機器を作動させ翌朝にエンジンが動かないようにする。GMSの機器から取得できるデータを使えばファイナンス企業は貸し倒れリスクを抑えることができ、運転手側はローンを払い終えれば車の所有者となる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1554文字 / 全文2304文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ゲームチェンジャー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。