世界最軽量級の折り畳み傘を開発し、クラウドファンディングで話題に。とがった商品の企画で技術力をアピールし、OEM供給の商談をものにしている。

独創的な商品を開発
デザインが重視されがちな傘業界で、軽量化や耐久性など機能性が売りの商品を企画し、技術力で取引先を開拓している(写真=高木 茂樹)

 「うわ、軽い」。手に取ると思わずこう声を上げてしまう折り畳み傘がある。重さは袋入りのスナック菓子とほぼ同じの、わずか67g。それでいて広げると直径は83cmと十分で、風速が毎秒15mの強風でも折れない丈夫さも持つ。

(写真=高木 茂樹)

 開発したのは傘のスタートアップ企業、アンベル(名古屋市中区)。創業した2016年に重さ79gの折り畳み傘を開発し、18年には72gに改良した。そして20年には世界最軽量級の67gに到達し、クラウドファンディングサイトの「Makuake(マクアケ)」で目標の30万円を大きく上回る436万円を集めた。

 アンベルの自社サイトでは、自動開閉折り畳み傘としては世界最軽量級となる傘や、ほぼ100%遮光する折り畳み傘など、機能性を前面に打ち出した商品をいくつも販売している。主力とする事業は大手アパレルやセレクトショップ、雑貨チェーン向けOEM(相手先ブランドによる生産)商品の企画・輸入。しかし独創的な機能が評価されて、自社販売が年々拡大。創業以来、売上高は順調に伸び、「20年はOEMと自社ブランドの販売比率が半々になった」と辻野義宏社長は話す。

勤務先の破産で人生が一変

 アンベルは創業からまだ5年目だが、辻野氏は傘の老舗問屋で30年近いキャリアを積んできた人物。ただし、自身が起業するなど考えたこともなく、アンベルを立ち上げたのには「やむにやまれない事情があった」と振り返る。

 1990年代に傘業界に足を踏み入れた辻野氏は当初、大手量販店向けの営業を担当していた。当時はプライベートブランド(PB)商品がブームで、既存の商品を売り込むだけでは苦戦。先方の要望に応じたPBを企画する必要性を上司に訴えたところ、自ら企画や仕入れを担当することになった。傘の技術についての知識はほとんどなかったが、「趣味の魚釣りでは道具に凝るタイプだったこともあり、傘に使われる素材の特徴などを調べるのが楽しくなった」(辻野氏)。中国の委託工場に足しげく通ううちに、メーカーにも「そんなに素材のことを知っている人はいない」と一目置かれるようになったという。撥水(はっすい)持続加工の生地や耐風性能を持つ骨組みを共同開発するなど、ヒット商品を次々と送り出していった。

 順調に見えたが、2014年に転機が訪れる。勤めていた会社が身売りされたのだ。為替デリバティブの損失で債務超過に陥ったためだった。

 その2年後、辻野氏の運命をさらに変える出来事が起きる。身売り先の親会社が突然破産。何とそこもまた粉飾決算を行っていた。16年3月のことだ。

続きを読む 2/2 商品を看板にネットで営業
日経ビジネス2021年2月1日号 68~69ページより目次

この記事はシリーズ「ゲームチェンジャー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。