妊娠、陣痛、出産、子育て──。忙しさに追われる“ママ”とその家族を支えるアプリを作る。家族の伴走者となり、ライフステージに合わせたきめ細かなサービスを提供する。

アプリの豊富なラインアップが強み
<span class="fontSizeL">アプリの豊富なラインアップが強み</span>
子育て支援アプリは競合が激しい分野だが、妊娠期、授乳期、離乳食期と乳幼児の成長に沿って種類を充実させているのが強みだ

 近づく出産。緊張した面持ちの妊婦がスマートフォンを片手に陣痛の間隔を測る。だんだん短くなり、数分間隔に。心身共に余裕がない中、病院に向かう途中、スマホの画面を1回タップして、夫や親に同時に連絡した。

 カラダノートの陣痛間隔計測アプリ「陣痛きたかも」の利用シーンだ。日ごろから陣痛の時間や間隔を記録することで、お産に備える。妊婦の約6割が使っているという。

 同社は妊娠・出産から子育てまで、忙しさに追われる家族と伴走するアプリを多数開発している。妊娠中の女性の不安を解消する情報を届ける「ママびより」や、出産後に授乳やおしっこ、睡眠の時間を記録する「授乳ノート」、子どもの成長にあった食材を確認・記録できる「ステップ離乳食」、予防接種記録の「ワクチンノート」などだ。

 ほかにもお金の悩みや、赤ちゃんが寝やすい快眠音、妊娠・育児中のママに限定したチャットなど約20のアプリを展開する。妊娠中から1歳未満の子どもを持つ親のアプリの年間ダウンロード率は8割超と高い。

 アプリは現在のところすべて無料。会社の収益源について佐藤竜也社長は「家族の中心である“ママ”を起点にした『ファミリーデータプラットフォーム事業』」と説明する。具体的には、どう稼いでいるのだろうか。

“ママ”起点のマーケティング、「送客型」転換で成功

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1676文字 / 全文2322文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ゲームチェンジャー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。