特別定額給付金の申請書を効率処理するため、全国の自治体がこぞって導入したサービスを開発。圧倒的な精度の「AI-OCR」ができた背景には、創業社長の綿密な計画と、徹底した研究があった。

99%以上の精度で書類の文字を読み取る
従来のOCRでは難しかった手書き文字にも対応。訂正印が入った文章でも高精度で読み取り、金融機関などに納入している(写真=北山 宏一)

 1人10万円の特別定額給付金の配布が決まった2020年4月以降、膨大な手書きの申請書類を処理する自治体がこぞって導入したサービスがあった。AI inside(東京・渋谷)が開発した「DX Suite」だ。

 AI(人工知能)を搭載したOCR(光学的文字認識)で書類を読み取りデータ化するサービスで、給付金事業をきっかけに申し込みが急増。これまでに500以上の自治体が導入した。

 同社の渡久地択社長CEOは、「12年にディープラーニング(深層学習)に関する研究成果が発表されてから地道に研究開発を重ねてきた。精度でも使いやすさでも当社に勝るものはない」と自信を見せる。

精度99%で手書き文字を認識

 書類を読み取って自動でデータ化するOCRは古くからある。業務効率化の切り札として期待されていたが、文字認識精度の低さなどからなかなか普及には至っていなかった。

 だが近年になって、AIと組み合わせることで読み取り技術を飛躍的に向上させたAI-OCRが次々に出現。その中でもAI insideの市場シェアは、複数の調査会社が6割程度と算出しており、トップだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1678文字 / 全文2264文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フロントランナー 創造の現場」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。