ポスターやポップ(POP)といった店頭販促物の企画制作・印刷・配送をワンストップで手掛け、「構造不況業種」とされる印刷業界でも右肩上がりの成長を続けている。中小印刷業から、デジタル化で発生する面倒ごとを一手に引き受けるフルサービスカンパニーへと変身する過程を追った。

カスタマイズ梱包ラインは自社開発
コンビニ各店舗向けに専用ラインで販促物を個別梱包する。店舗スタッフの手間を減らし、大幅なコスト削減につなげている(写真=伊藤 菜々子)

 ジーンズにラフなジャケットを羽織った40代社長が率いる成長企業。社員の平均年齢は29.6歳で、スタイリッシュなオフィスには女性の姿も目立つ。こう聞いてどんな会社を思い浮かべるだろう。IT? スタートアップ? いずれも違う。正解は1946年創業の中小企業。しかも構造不況業種の代表格とされる印刷業だ。

 経済産業省の統計によれば、ピークの91年に8.9兆円だった印刷業の出荷額は、2018年には4.9兆円まで落ち込んでいる。大まかに言えば「30年で市場が半減した」業界にあって成長を続けるのが水上印刷だ。大手コンビニチェーンや携帯キャリアを大口顧客に抱え、ポスターやポップ(POP)といった店頭販促物の企画制作・印刷・配送をワンストップで手掛け、10期連続の増収を達成、利益を3.5倍に伸ばしている。

 東京・西多摩のJR五日市線沿線。駅から車で10分ほど走ると、真新しい戸建て住宅が行儀良く並び、ロードサイド店舗が軒を連ねる。ところどころに畑も残る新興住宅地に立つ1軒のコンビニが、水上印刷が15年間歩んだ経営改革を象徴する。どういうことか。経緯を遡って説明しよう。

デジタル化で売上高の2割が蒸発

 水上印刷は06年、経営危機に直面した。当時、売上高の2割を占めていた写真フィルムのパッケージが、デジタルカメラの普及で製品ごと消えてなくなったのだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1668文字 / 全文2386文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フロントランナー 創造の現場」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。