自社開発したマイクロ波プラズマ処理装置の、プリント基板向け需要が急増している。2代目社長が立てた下請け脱却の目標を、次期社長が陣頭に立って達成した。

1台ずつ顧客に合わせたレシピを作成
顧客と何度も打ち合わせをして、世界に1つだけのプラズマ処理装置が出来上がる。顧客満足のためには不可欠な作業だ
高い技術力で業績は安定している
●ニッシンの売上高推移

 毎年のように新機種が発表され、高機能化が進むスマートフォン。小型化も進み、ますます微細になっているのが、スマホ内部の半導体や電子部品、そしてそれらを搭載しているプリント基板だ。その基板の上に、深さ10マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルの溝を掘って銅を流しこみ、線を作るなど微細な加工をするのが、電子機器メーカーのニッシンが独自開発したマイクロ波プラズマ処理装置で、機器の高機能化とともに需要を伸ばしている。同社の売上高は、2019年4月期に56億9000万円と、3年前の2.5倍まで拡大した。

5年かけて結果出し、社内の意識を変えた

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1929文字 / 全文2286文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フロントランナー 創造の現場」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。