全2289文字

安価な中国製との競争に敗れ、廃業寸前までいった撚糸工場。独自に開発した糸を使ったタオルが大当たりし、右肩上がりの成長を遂げた。

独自の撚糸技術
お湯で溶ける特殊な樹脂と綿の糸を撚った独自の糸が窮地を救った(写真上)。浅野撚糸のタオルは水をどんどん吸う(右下の写真右)(写真=上:森田 直希)

 2種類のタオルに、青く着色した水を上からかける。差は一目瞭然。普通のタオルは吸収しきれず水がこぼれるのに対し、浅野撚糸(岐阜県安八町)が開発した「エアーかおる」は水をどんどん吸っていく。

 秘密はタオルの表面のパイルと呼ばれる丸いループ状の部分の特殊な糸にある。浅野撚糸が開発した「スーパーゼロ」。「撚糸(ねんし)」とは複数の糸を合わせてねじり、強くする加工だ。スーパーゼロは、綿の糸とお湯で溶ける樹脂製の糸を合わせたもの。タオルの製造工程でお湯に浸すと綿だけが残り、樹脂の糸があった部分は微細な空洞になる。空気を多く含み、一般的なタオルの1.6倍という吸水性を実現した。

 エアーかおるは2020年8月、累計販売枚数1000万を達成。現在も月17万枚を販売するペースで、コロナ禍の今年も、昨年を上回る大ヒット商品だ。

廃業か、リストラか

 浅野撚糸は紡績工程の一部である撚糸を手掛ける企業として1967年に創業した。90年代の前半から繊維産業の衰退とともに苦境に陥り、90年代半ばに超円高の直撃を受けた。「続けるのはもう無理かもしれないと思った」。浅野雅己社長は振り返る。

 九死に一生をもたらしたのが、ストレッチパンツなどの流行だ。生地に使うのは綿とゴムなどを合わせて撚(よ)る伸縮性のある糸。浅野撚糸はいち早く機械を入れ、需要をとらえた。

 だが長くは続かない。流行の終焉(しゅうえん)に加え、香港企業などがより安く糸を作れるようになり売り上げが急減。中国からの安価な繊維製品の輸入も拡大した。赤字の仕事も受注するようになり、業績は悪化の一途。浅野撚糸は40社の協力工場を抱えていたが、ブーム後半に機械を買った工場は、投資が回収できず苦境に陥っていた。

浅野雅己社長は「撚糸はなんぼでも新しいことができる」と意気込む(写真=森田 直希)

 「廃業しよう」。2003年の正月。会長だった父は浅野氏に言った。浅野氏は諦められなかった。自社は借金を返し終えていたが、協力工場はまだ負債を抱えていたからだ。共倒れになっては誰も救えない。苦渋の決断で社員30人のうち21人を解雇した。協力工場は9社だけが残った。この時、浅野氏は方針を変えた。「ナンバーワンではなく、オンリーワンを目指す」──。「中国に勝てる気はしないが、うちにしかできないことはあると思った」(浅野氏)

 浅野氏は新しい素材の開発に取り組んだ。素材の組み合わせや撚りの方法を変え、何千回も試験を繰り返した。そこに起死回生となる出合いが巡ってきた。