ウェブサイトやアプリのデザインを数多く手掛け、デザイン会社として初の上場を果たした。デザインを表層的な装飾のみとは捉えず、顧客の事業やサービスの戦略・設計からかかわる。

戦略からかかわる
戦略からかかわる
表層的な装飾だけでなく、顧客とともに戦略や設計から検討。企業理念やミッションの作成といった分野も手掛けている(写真=伊藤 菜々子)

 「なぜ改善したいのですか?」「どのような課題を感じていますか?」。アプリやウェブサイトなどデジタル領域のデザインを手掛けるグッドパッチは顧客からの問い合わせに、こう聞き返す。デザイン会社では通常、営業担当らが顧客の要望を聞き、デザイナーに伝える。グッドパッチはデザイナーが最初から顧客の声を聞くのが特徴だ。

表層だけのデザインはしない

 土屋尚史社長は「従来日本では、デザイナーというと、仕様書や指示書通りに表層的にきれいにする人だと思われていた」と言う。だが、グッドパッチは違う。どんな見せ方をするか、デザイナーは、設計や戦略を考える段階から参加する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1939文字 / 全文2320文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フロントランナー 創造の現場」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。