1000分の1ミリよりも微細な泡を使って、水だけで汚れを落とせる製品を開発。入浴設備やシャワーヘッドをヒットさせ、医療や介護現場での活用も狙う。

超微細な泡で汚れを落とす
微細な泡を使って汚れを落とすシャワーヘッドなど、入浴設備での導入が進む。油性ペンで書いた文字も落ちる(下)

 油性ペンで文字を書いた手の甲にシャワーを当てると、水を流しているだけなのに、するすると文字が消えていく。せっけんやクレンジングオイルを使わなくても汚れを落とせる、この特殊なシャワーヘッドを開発したのが、サイエンス(大阪市)だ。

 落ちにくい汚れを簡単に落とせる秘密は、水に含まれている泡の大きさにある。「ウルトラファインバブル」と呼ばれる超微細な泡の直径は0.13マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルと肉眼では全く見えないほど小さい。直径80マイクロメートルとされる髪の毛と比べても100分の1以下だ。この超微細泡が汚れの隙間などに入り込み、汚れを浮かせて落とす。

家庭用品への転換に苦心

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1896文字 / 全文2277文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フロントランナー 創造の現場」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。