サービス業で働くアルバイトの管理や教育など、店舗マネジメントを一元化したアプリを開発した。日本はじつは「おもてなし」の力を失っているという危機感が染谷社長を駆り立てている。

画面でコツを伝授
<span class="fontSizeM">画面でコツを伝授</span>
「はたLuck」の画面表示例(左)。仲間からのアドバイスや写真を見れば、コツが必要な作業もしやすい(セガアリーナ蘇我店)

 UFOキャッチャーのお菓子をうまく山積みするコツは──。目標達成のためお客さんにどんな声がけをすればいいか──。ゲームセンターのセガアリーナ蘇我店(千葉市中央区)のアルバイトが困ったとき、タップするのがスマホのアプリ「はたLuck」だ。

 蘇我店で働く2人の社員と13人のアルバイトがスマホに入れているこのアプリ。業務連絡を流す「連絡ノート」、気軽に何でも相談できる「トーク」、誰かに感謝する「星を贈る」が基本の3機能だ。店はシフト制で、アルバイトを含めスタッフが一堂に会することはない。従来、業務連絡や相談などは口頭や手書きノートを使っていたが、どうしても漏れや遅れが発生する。最近ではLINEを利用していたが、昨年9月から「はたLuck」をテスト導入し「とにかく便利になった」(大水孝行店長)。

 LINEのグループ機能をアルバイトとの業務連絡に使う店は多いが、セガエンタテインメントは最近禁止した。「個人IDを教えたがらないアルバイトもいるし、店長も聞きづらい」(加納尚起エリアマネージャー)。「はたLuck」はダイレクトメッセージが送れず、やり取りが衆人環視、画像や動画、PDFのダウンロードができないため情報が流出しにくい、誰が未読か分かり注意喚起できる、などLINEと違う特徴を備えており「リスク管理上も大変助かる」(加納氏)。

 現場での評判を聞き、セガは年内に全店への導入を決めた。スーパーマーケットのオオゼキやドトールコーヒー、コンビニエンスストアのミニストップなど導入店舗も増えている。

 「はたLuck」を昨年6月に発売したのがナレッジ・マーチャントワークス(東京・港)だ。人材コンサルティングのリンクアンドモチベーションで執行役員まで務めた染谷剛史社長が2017年に立ち上げた。そこに至る経緯は想定外の連続だ。

<span class="fontBold">「サービス業の質向上はアルバイトの質にかかっている」と語る染谷社長</span>
「サービス業の質向上はアルバイトの質にかかっている」と語る染谷社長

 祖父が飛行機、父が自動車と技術者の家系に生まれた染谷氏は「敷かれたレールで何も考えず」に小山工業高等専門学校(栃木県小山市)に進学。しかし「プログラミングがとにかくできなかった。センスがなかった」。あるときアスキー創業者で理系出身の西和彦氏の話を聞き、経営に興味を持つと、高専と親の反対を押し切り東京工業大学の推薦枠を蹴って信州大学経済学部に進んだ。

 卒業後はリクルートグループに就職。3年後にヘッドハントでネット企業のデジットブレーンに転職したが、仕事が軌道に乗ってきた直後に倒産。「経営次第で会社は潰れ、多くの人生が狂うことを学んだ。この教訓を伝える仕事をしたい」。結婚式で妻側の主賓だった人物に、倒産報告がてら行ったすし店で思いを語ると、相手はサッと携帯を出し、リンクアンドモチベーション創業者の小笹芳央氏に連絡。翌日には面接を受け入社が決まった。