在宅医療・介護に特化した、訪問調剤中心の薬局チェーンを展開する。オンライン服薬指導にもいち早く着手した。小規模薬局向けに訪問調剤のノウハウを共有するボランタリーチェーンは開始1年で加盟店数が300を突破。調剤薬局が連携して、24時間365日、自宅で必要な薬が受け取れる社会インフラの構築を目指す。

患者宅で服薬指導
<span class="fontSizeM">患者宅で服薬指導</span>
患者宅で服薬状況を確認し医師にフィードバック。必要があれば処方の見直しも提案する。近年はオンライン服薬指導にも注力

 今飲んでいる薬を調剤した薬剤師の名前を知っていますか? 医師ならともかく、薬剤師は……。という人がほとんどではないだろうか。普段、調剤薬局で薬剤師と患者が交わすやり取りは、「お薬2種類出ています。朝夕食後に飲んでください。お大事にどうぞ」「ありがとうございます」といった程度。込み入った相談をしたり、薬剤師が処方に疑問を呈したりすることはまれだ。

 この受け身で存在感の薄い薬剤師や調剤薬局のイメージを覆すのが、福岡県を中心に「きらり薬局」を展開するHyuga Pharmacy(ヒューガファーマシー、同県春日市)だ。在宅医療・介護に特化した新たな薬局の姿を打ち出して成長してきた。扱う処方箋のうち、訪問調剤が占める比率は6割超。九州北部や首都圏に33店舗を持ち、最近は年5店舗のペースで出店を続けている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1856文字 / 全文2372文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フロントランナー 創造の現場」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。