温泉に生息する藻を利用し、肌の不調や体の痛みを緩和する商品を開発。家業の倒産を乗り越え、社会に貢献する新事業で会社を成長させた。

温泉にすむ藻を活用
温泉藻類「RG92」を発見した加世田氏(写真下左)。抽出した成分を使ったシャンプー「ONSENSOU」が日本と中国でヒットした

 日本一の泉種、源泉数、湧出量を誇る別府温泉。この温泉資源を活用して成長を続けるのが、化粧品や医薬部外品を手掛けるバイオベンチャー、サラビオ温泉微生物研究所(2020年4月にサラヴィオ化粧品から社名変更予定、大分県別府市、以下サラビオ)だ。地下深くから供給される温泉には、ミネラル成分など様々な物質が含まれる。サラビオが着目したのはこうした温泉水の成分ではない。実は温泉の中には、特殊な環境を好む藻が生息している。藻に含まれる成分が、肌の状態を改善するなど温泉の入浴効果に一役買っていることを、独自の研究で明らかにした。

“藻類シャンプー”がヒット

 サラビオはこれまでに、新種の藻類を4つ発見している。中でも2011年に発見した世界で92番目の温泉藻類「RG92」の成分は、高い抗炎症作用や抗酸化作用を持つことが分かった。打撲や関節痛、ニキビやアトピー性皮膚炎に対する改善効果があることを確認し、国際的な学会や学術誌で論文を発表。15年に特許を取得した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1831文字 / 全文2333文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フロントランナー 創造の現場」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。