人事、広報などの専門スキルを持つものの、子育てなどで退職した女性を企業に紹介する。フリーランスで働く選択肢を女性に提供し、専門性を生かしながらも無理なく働けるように支援する。

自由な働き方を提案
<span class="textColGray fontSizeL">自由な働き方を提案</span>
正社員のときの業務内容や希望する働き方を、キャリアカウンセラーが丁寧にヒアリング。企業のニーズとマッチングさせる(写真=北山 宏一)

 「キャリアは柔軟なものだと考えられるようになった」。工藤由佳氏はこう語る。工藤氏は新卒で大手コンビニチェーンに入社し、マーケティング部門で13年勤務した。しかし、夫の海外転勤について行くため35歳で退社。1年間のブランクを経て2019年6月に再び働き始めた。現在は米ウーバーテクノロジーズの日本法人(東京・渋谷)でマーケティング部門のコンサルタントとして、販促物の製作や取引先との調整などを担当する。

 工藤氏の働き方は会社から業務委託を受けるフリーランス。現在出社するのは週5日。ほかにも個人的に請け負っている仕事があり、今後のキャリアアップを意識する。こうした働き方を実現したのが、人材サービスを手掛けるWaris(ワリス、東京・千代田)だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1958文字 / 全文2386文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フロントランナー 創造の現場」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。