マイクロニードルと呼ばれる微細な突起に美容成分を入れ、パッチにした化粧品を手がける。化粧品事業で資金を確保し、将来は本来の目的である医療用ワクチンの分野への展開を狙う。

 手のひらサイズのしずく形のパッチの中央に長さ0.2mmの小さな突起が無数に並ぶ。「このパッチがマイクロニードルで、シワが気になるところに貼ると、突起が角質層に到達して、ヒアルロン酸が肌に浸透しますよ」。スタッフにそう言われて実際に手の甲に貼ってみると、一瞬の違和感はあるが痛みはほとんどない。数時間後にパッチを外すと、肌がふっくらとしているのが分かった。

 このマイクロニードルを開発したのは、医薬品・化粧品の開発・製造を手がけるコスメディ製薬。2001年に創業した大学発ベンチャーだ。

医療用技術を応用
医療用技術を応用
パッチには小さな突起がびっしり並ぶ。(写真=菅野 勝男)
<span class="fontBold">(拡大写真)このマイクロニードルによって、ヒアルロン酸が角質層まで届く。</span>
(拡大写真)このマイクロニードルによって、ヒアルロン酸が角質層まで届く。
<span class="fontBold">目の下などに貼って使用する</span>
目の下などに貼って使用する
続きを読む 2/3 安く大量生産する技術を確立

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2005文字 / 全文2361文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フロントランナー 創造の現場」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。