価値観の多様性や「自分らしさ」が何よりも尊重される時代。ブライダル産業でも、ユニークな演出を打ち出すオーダーメードウエディングが成長している。

SNSで映える
CRAZYが手掛ける結婚式の特徴が独特の世界観にある。プロのクリエーター集団が演出に携わる。

 廃校になった小学校を使った結婚式や、海辺や公園で開かれる音楽フェスのようなパーティー、スノードームをイメージした空間演出(写真上)──。

 新郎新婦の要望に合わせ、完全オーダーメードの結婚式を企画・プロデュースする「CRAZY WEDDING(クレイジーウエディング)」。同ブランドを運営するCRAZYが、ブライダル業界で急激に成長している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2125文字 / 全文2391文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フロントランナー 創造の現場」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。