注文された商品を、届け先ごとに仕分けるシステムを手掛ける。商社を飛び出し起業。「物流のプロフェッショナル集団」を目指す。

仕分けミスをゼロに
<span class="fontSizeL">仕分けミスをゼロに</span>
タクテックが提供する仕分けシステムのデモの様子。商品を入れる箱の蓋のみが開くので、仕分けの人為的ミスを防ぐことができる

 アパレルや小売りなど国内流通各社が躍起になって構築を急ぐ自前でのEC(電子商取引)サイト。その裏側を支える物流センターへの投資時に、大手各社が熱視線を送るのがタクテックだ。注文された商品を、届け先ごとにミスすることなく素早く仕分けるシステムを手掛ける。

 AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)といった最新技術を使っているわけではない。同社の仕分けシステムは極めてシンプルだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2054文字 / 全文2326文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フロントランナー 創造の現場」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。