全2295文字

書いては消せる「身に着けるメモ」という文具で10万本のヒットを飛ばす。成功のカギは社長の好奇心と冷静に先を見通す目だった。

消せるメモを開発
wemoは表面にボールペンでメモ書きができるだけでなく、消しゴムなどでこすると文字が消せるようになっている。反射板などの製造を日本で手掛けるコスモテックが開発した

 シリコン素材の長細い板を手首に当てると、くるりと巻きつく。板にはボールペンで文字を書け、消しゴムで消すこともできる。この板状のメモの製品名は「wemo(ウェモ)」。手にメモを書くことの多い医療現場や介護現場、建設現場で評判になり、すでに10万本を売り上げた。2018年にはISOT(国際文具・紙製品展)が主催する日本文具大賞の機能部門優秀賞も受賞した。