全2417文字

一定の金額を支払えば、サービスが利用し放題のサブスクリプションサービスの人気が高まっている。企業や店舗がサービスを簡単に始められる仕組みを開発しサイトを運営、システムの外販も手がける。

 トヨタ自動車やキリンビールなど大手が続々参入し話題を集める「サブスクリプション」。一定額を支払えば、車が利用できたり、家庭用生ビールが届くなど特定のサービスや商品が使える仕組みだ。大分県のスタートアップ「イジゲン」は2月末、このサブスクリプションの新しいサイト「always」を稼働させる。

定額プランを身近な存在に
幅広いジャンルの定額プランをイジゲンが運営するサイトで掲載。参加企業はイジゲンのプラットフォームを使うことで、基本的に無料で定額プランを始められる
(写真=菅 敏一)