葬儀会場の中央に設けられた人工芝と土のミニゴルフ場。ゴルフ好きだった故人をしのばせる演出だ。釣りが趣味だった故人を送る際には、写真パネルとゴム製のプールで湖をイメージした“釣り堀”を設営。祭壇や会場の一角に、故人の趣味の品や思い出の写真パネル、個人史年表を飾り付けたり、好きだった食材を使った料理をふるまったりもする。こうした故人の人柄が伝わるユニークな葬儀「オリジナルプラン」で話題を集めるのが、葬儀業界で異色の存在といわれる家族葬のファミーユだ。

 オリジナルプランの平均価格は従来プランの4割余り高い140万円だが、引き合いは強いという。2019年5月期は前期比2倍の1000件の成約を見込む。

オーダーメード葬儀
故人の趣味や好みを丁寧にヒアリングし、遺族の心を満たす葬儀を1件ずつ手作りで演出する。業界の常識にとらわれないサービスで成長を続ける
<span class="fontSizeXL">オーダーメード葬儀</span><br /><small>故人の趣味や好みを丁寧にヒアリングし、遺族の心を満たす葬儀を1件ずつ手作りで演出する。業界の常識にとらわれないサービスで成長を続ける</small>
(写真=陶山 勉)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1950文字 / 全文2267文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フロントランナー 」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。