<span class="fontBold">奥田 修[ おくだ・おさむ ]</span><br />1963年生まれ。87年岐阜薬科大学を卒業し、中外製薬入社。関節リウマチ治療薬アクテムラの臨床開発責任者を務め、ロシュとの協業に貢献。2015年からは経営企画部門を率い、18年と21年のそれぞれを最終年度とする、2度の中期経営計画を策定する議論をリードした。20年3月から社長最高執行責任者(COO)。
奥田 修[ おくだ・おさむ ]
1963年生まれ。87年岐阜薬科大学を卒業し、中外製薬入社。関節リウマチ治療薬アクテムラの臨床開発責任者を務め、ロシュとの協業に貢献。2015年からは経営企画部門を率い、18年と21年のそれぞれを最終年度とする、2度の中期経営計画を策定する議論をリードした。20年3月から社長最高執行責任者(COO)。

 海外と日本での臨床開発やプロジェクトの責任者、営業、経営企画といろいろな部門を経験してきました。海外も2度赴任しています。最初のロンドンでは関節リウマチ治療薬アクテムラのグローバル開発を資本提携先のスイス・ロシュと共同で行う際、主要メンバーとして加わりました。2度目はロシュのアイルランドの子会社に派遣され、社長として2年半を過ごしました。多様な仕事、特にグローバルのマネジメントの経験があることが、社長に指名された一番大きな理由だと思います。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り943文字 / 全文1174文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長 初心表明」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。