中田 有[ なかた・ゆう ]
1974年生まれ。97年関西学院大学法学部を卒業し、キーエンス入社。営業畑を歩み、2018年センサ事業部長、19年取締役センサ事業部長兼事業推進部長に。19年12月21日から現職。兵庫県出身、45歳。
(写真=行友 重治)

 新卒で入社して以降、営業畑を歩んできました。キーエンスという会社を一言で表現すると「合理的な会社」です。現場の社員が追求するのは、顧客の付加価値を高めることのみ。社内政治のような、理にかなっていないことは存在しません。

 顧客の価値が高まるのであれば、誰が提案してもかまわない。新入社員の提案でも採用されます。むしろ若手社員でも自分の意見が求められます。こうした経験を積むことで、自分が当たり前に思っていることを、当たり前に発言できる能力が身に付いていきます。

 私自身が思うキーエンスの強さの一つは、FA(ファクトリーオートメーション)機器向けセンサーのような競争力の高い商品を数多く手掛けていることです。この強みを大前提に、熱意を持った社員が一致団結しています。世界中で直販体制を構築しており、顧客の現場に深く入り込んで課題を突き止め、解決策となる新たな商品を提供しています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り764文字 / 全文1161文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長 初心表明」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。