<span class="fontBold">杉本 雅史[ すぎもと・まさし ]<br />1961年、三重県生まれ。84年に東京薬科大学薬学部を卒業し、武田薬品工業に入社。営業畑を歩み、2009年にヘルスケアカンパニーのプレジデントに就任。武田コンシューマーヘルスケアの社長を経て、18年6月に退社。19年1月にロート製薬に入社し、6月から社長。</span>(写真=菊池 一郎)
杉本 雅史[ すぎもと・まさし ]
1961年、三重県生まれ。84年に東京薬科大学薬学部を卒業し、武田薬品工業に入社。営業畑を歩み、2009年にヘルスケアカンパニーのプレジデントに就任。武田コンシューマーヘルスケアの社長を経て、18年6月に退社。19年1月にロート製薬に入社し、6月から社長。
(写真=菊池 一郎)

 ロート製薬は近年、機能性を持つスキンケア商品で大きく業績を伸ばし、再生医療などの先進的な領域の事業化も進めてきました。いずれも今後の成長を担う重要な事業ですが、さらに私は「製薬」会社の原点に立ち戻り、一般用医薬品(OTC)の分野で当社を日本のリーディングカンパニーにしたいと思っています。

 医療財政は厳しく、病院にかかる前に自分で健康を管理するセルフメディケーションのニーズは日増しに高まっています。医療用医薬品を処方箋がいらないOTC医薬品へと転換する「スイッチOTC」の流れも加速します。この大きな時代の波をしっかり捉えなければなりません。抜け落ちている製品分野が多いので、M&A(合併・買収)も含めて品ぞろえを拡充していきます。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り866文字 / 全文1196文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長 初心表明」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。