永田 勝美[ながた・かつみ]
1989年岐阜大学大学院卒、日本電信電話入社。96年4月に同社マルチメディアビジネス開発部に配属、同10月からNTTぷららの前身企業に出向。2005年ぷららネットワークス(現・NTTぷらら)取締役技術開発部長、11年NTTぷらら取締役技術本部長を経て19年6月から現職。
(写真=陶山 勉)

 当社は1995年の発足以来、EC(電子商取引)やインターネット接続プロバイダーなどNTTグループで新サービスの開拓役を担ってきました。国内通信市場などで長年優位な立場にある他のグループ会社と違い、先行する競合を相手に“その他大勢”の1社として挑んできたわけです。現在主力の有料映像配信サービス「ひかりTV」でも米ネットフリックスなど国内外の大手にどうすれば追いつけるか、知恵を絞ってきました。

 映像配信市場はコンテンツの品ぞろえや料金だけでなく、魅力的な独自作品の供給が顧客獲得の重要な鍵を握っています。当社も競合と差異化するため、独自作品を増やしてきています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り885文字 / 全文1176文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長 初心表明」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。