リオネル・デスクリー[Lionel Desclée]
2002年ヴィレリック・ビジネススクールで財務マネジメント修士号を取得。金融機関を経てベルギー食品小売り大手のデルハイツ・グループ入社。欧州のペットショップチェーンTom&CoのCEOを経て19年3月から現職。持ち株会社のウォルマート・ジャパン・ホールディングスのCEOも兼ねる。ベルギー出身。
(写真=竹井 俊晴)

 日本に来る前から西友について、いろいろな記事を読んだり、社内外の人に話を聞いたりしてきました。西友のお客様は価格と立地を好感していて、PB(プライベートブランド)も好評です。歴史を振り返ると海外でも人気のある無印良品やファミリーマートを生み出すなど、イノベーティブな企業文化を持っています。

 週2回は店舗を回ります。西友ではここまで尽くすのかというほど、従業員が丁寧な接客をしていることに驚きました。日本市場は競争が激しい。地域ごとに売れるものが異なるだけでなく、同じ都市の中でも店舗によって売れ筋が違うことも分かりました。

 日本市場の特色に合わせて6月につくった中期経営計画では、目指す方向を「先進的で、地域に密着した革新的なバリュー・リテイラー」と定めました。特に「革新的」がカギになります。

 イノベーションというとドローンで生鮮品を届けるようなテクノロジーを想像する人も多いでしょう。親会社の米ウォルマートが持つ様々なテクノロジーを西友に導入することもできます。それだけでなく、小さな規模でもイノベーションは起こせると思います。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り701文字 / 全文1177文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長 初心表明」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。