全1191文字

 ホームセンターは好不況の影響を受けにくい業態なので、商品や店づくりの改善を積み重ねることで連続的に成長できます。業界全体の市場規模が横ばいの中でもカインズが成長できた理由はそこにあります。

 しかし既存のパイを競合他社と奪い合う事業モデルではこの先は立ち行きません。成功体験を一部否定し、業績に踊り場を作ってでも、次の30年に向けた成長の下地を整えます。社内ではこれを「不連続の改革」と呼んでいます。