エネルギーで世界トップ10に入る

[ 上田 隆之 ]
1956年静岡県生まれ。80年東京大学法学部卒業、通商産業省(現経済産業省)入省。2013年資源エネルギー庁長官などを経て、17年国際石油開発帝石副社長。18年6月から現職。
(写真=尾関 裕士)

 国際石油開発帝石(INPEX、以下インペックス)の社長に就任して8カ月がたちました。日本のエネルギー供給を支える重責を、日に日に感じるようになってきました。

 象徴的なのは2018年7月にオーストラリアで稼働した、「イクシスLNG(液化天然ガス)プロジェクト」。約20年の歳月と4兆円という巨額の費用を投じ、当社が主導してきた事業です。

 LNGは家庭で使うガスの原料だけでなく、火力発電所の燃料にもなります。かつてLNGを求めていたのは日本や韓国ぐらいでしたが、今は違います。中国やドイツなどの欧州諸国が利用を始めるなど、需要が高まっているのです。日本は現在、LNGのほとんどを中東やアジア各国からの輸入に頼っていますが、平時であってもLNGの購入競争が激しくなってきました。緊急時になればなおさら重要性が高まります。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り814文字 / 全文1199文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長 初心表明」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。