2度目の登板、競争激化を創業者と制す

[ 古塚 孝志 ]
1988年に大阪電気通信大学工学部を卒業し、ロック・フィールド入社。2013年常務取締役、14年社長。16年に専務取締役に戻り、17年副社長、18年7月から現職。兵庫県出身。53歳。
(写真=菅野 勝男)

 社長を務めるのは2年ぶり2度目です。余裕がなかった1度目とは異なり、サラダを販売する「RF1」店舗の運営や原材料となる野菜の調達など、幅広い知識を身に付けたうえで勝負できると考えています。

 創業者の岩田弘三会長は、事業の立ち上げから成長戦略の実践まで全て自分で手掛けてきました。一方で生産畑が長かった私は、生産に関する知見は豊富に持っていましたが、経験したことのない分野については勘所がつかめません。そうした経験や知識の不足を感じていた中で2016年、岩田から社長交代を告げられたのです。悔しさではなく、「勉強ができるチャンスだ」と感じたことを覚えています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り904文字 / 全文1212文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長 初心表明」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。