銀行だからできること。追い求める

[ たくさり・ともひと]
1972年生まれ、東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒、95年に日本信販(現三菱UFJニコス)入社。2003年ヤフーに転じ、クレジットカードや「Yahoo!ウォレット」など決済関連ビジネスを担当。06年ジャパンネット銀行の社外取締役に。17年6月に同社代表取締役、18年2月から現職。47歳。

 会社にいてもアイデアは湧いてこない。どこでもいいから外に出て、人に会ってこい──。大学を卒業後、クレジットカード会社に入って2年目。新規事業の企画部署に配属された私は、上司から口酸っぱくこう言われました。大学を出たばかりの若手に人脈なんてありません。目立った成果を出せず、無力感でいっぱいだった日々を思い出します。

 それでも必死に知恵を絞り続けていると、モノの見方や思考の順番が分かってくるものです。「それは俺も思いつかなかった」。プレゼン後、上司に初めて認められたときはうれしかった。やはりゼロからイチを生み出すという作業には醍醐味がある。苦しい若手時代は今思えば、会社人生の原点ですね。

 「銀行」はルーティンを黙々とこなす職場と思われがちです。ヤフーから来るまで、私自身もそうなのかなと思っていました。ですが日本初のネット専業銀行だけあって、この会社には積極的に攻めに出るDNAがあります。社員との対話集会で、営業部門ではない20代半ばの社員から「新規口座の開拓に経営陣は慎重すぎる」と意見され、ハッとさせられたこともあります。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り726文字 / 全文1217文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長 初心表明」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。