国土交通省が主導する3D都市モデル「PLATEAU(プラトー)」に土木構造物が加わる。プラトーの3Dモデルは、箱型でなく屋根形状まで表現でき、複雑なシミュレーションが可能になる。2027年度までに500都市のモデル化を目指し、自治体への支援事業が始まった。

 3D(3次元)都市モデルのデータの活用で先陣を切ろうとしているのが、国土交通省主導で2020年度にプロジェクトが始まった「PLATEAU(プラトー)」だ。

 浸水時に垂直避難が可能な建物の抽出、ドローンによる物流の飛行シミュレーターの開発といった活用が期待されており、データの整備が進んでいる。

 プラトーでは21年度までに56都市の建物などを3Dモデル化し、オープンデータ化を完了した。モデル化した面積は約1万km2、建物は約1000万棟に及ぶ。22年度は新たに約60都市をモデル化する予定だ。

 モデル化したデータなどは、一般社団法人の社会基盤情報流通推進協議会が運営するウェブサイト「G空間情報センター」でダウンロードできる。「政府標準利用規約(第2.0版)」など著作権のルールを採用しているため、クレジットを表記するだけで複製や商用利用ができる。

 米グーグルの地図サービス「グーグルアース」など一般的な3Dマップは、都市空間の形状を単純に再現した幾何形状(ジオメトリー)モデルなので、地面と建物、建物と建物の区別がつかない。

 対してプラトーは、3D都市モデルの構築に特化したデータフォーマット「CityGML」を採用しており、建物一つひとつを区別できる。

 CityGMLは、地理空間情報の国際標準化団体であるOGC(Open Geospatial Consortium)が定めたフォーマットだ。ジオメトリーに、建物などの名称や用途、建設年、行政計画といった意味情報(セマンティクス情報)を組み合わせられる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1696文字 / 全文2498文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「テックトレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。