不可欠だが地味な業務と見なされていたシステム監視が、最新技術で激変した。監視すべきITインフラストラクチャーが社内から消え、見えなくなったのに対応するためだ。新しい対象を監視するには、新しい手法が必要だ。

 「オブザーバビリティー(可観測性)」「テレメトリー」「分散トレーシング」「インストルメント(計装)」「OpenTelemetry」──。こうした最新の「システム監視用語」を、いくつご存じだろうか。日本のあるSaaS(サース、クラウド上で提供するソフトウエア)会社の経営者も「これらの単語の半分も意味が分からない」と答えたほど、システム監視の常識が変わっている。

過去10年で常識が一変
過去10年で常識が一変
●システム監視分野の変化
[画像のクリックで拡大表示]

物理マシンの監視が不可能に

 10年前であれば監視する対象はオンプレミス(自社所有)で運用する物理マシンだった。稼働情報はコンピューターにインストールしたエージェント(専用ソフト)を使ったり、ハードウエア監視のためのプロトコルを使ったりして収集していた。物理マシンに着目さえしていればシステムの全容を監視できた。

 しかしその後、監視する対象はクラウド上の仮想マシンやコンテナへと変わった。ユーザーにとって物理マシンは「見えない存在」となった。

ハードウエアが「見えなくなった」
ハードウエアが「見えなくなった」
●過去10~15年間に起きたITインフラストラクチャーの変化
[画像のクリックで拡大表示]

 米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)や米マイクロソフト、米グーグルが提供するパブリッククラウドにおいては、仮想マシンなどの稼働情報はクラウド事業者が提供する監視サービスのユーザーインターフェース(UI)やAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース=システム同士が相互に連携するための技術仕様)を通じて入手する仕組みだ。ユーザーは仮想マシンが稼働する物理サーバーやネットワーク機器といった物理マシンの稼働情報は入手できなくなり、サーバーやアプリケーションのログの扱いには注意が必要になった。ログは常に外部のデータウエアハウス(DWH)などに保存しなければならなくなった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1804文字 / 全文2613文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「テックトレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。