石油8トン分=1gの水素

 池田所長は大量のエネルギーを生み出せる理由について「原子核同士が反応する核融合反応では(原子レベルで反応する)化学反応の約100万倍のエネルギーを生むため」と説明する。具体的には、石油なら8トンなければ生み出せないエネルギー量を、核融合炉ならたった1gの重水素や三重水素で作り出せる。

 核融合炉が優れているのは莫大なエネルギー量だけではない。重水素や三重水素といった燃料は海水から採取可能で、石油や石炭、LNG(液化天然ガス)などエネルギー源のほぼ100%を海外に依存する日本にとってエネルギー安全保障上の意義が大きい。ガスコンロのように燃料供給が止まれば核融合反応も即座に止まるので安全だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2137文字 / 全文3179文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「テックトレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。